2005年上期の夢計画進行状況

NZワインのわ(Wine Appreciation) のページを、多言語にも対応しているCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)に変更しました。
将来的に、ニュージーランドワイン見つけ隊がニュージーランドのワイン関係者(ワイナリーやワインショップ)への情報提供の為に運営している英語のサイトと、共有出来る部分を作ろうと思っています。(英語と日本語混ぜこぜで、相互交流が出来るといいですよね。)

NZワインのわ(Wine Appreciation) の今後の予定は、
まず、隊員(メンバー)による記事の投稿が出来るようにします。
同時に、メンバー紹介ページも作成します。(メンバー毎の記事を表示したりなど、機能を一つずつ追加していく予定です。)

今まで通り、コメントはどなたでも残していただけますし、閲覧はどなたでも可です。

新しいNZワインのわ(Wine Appreciation) には、Blog機能も加えましたので、コメント以外に、他のBlogからのトラックバック又は、他のBlogへのトラックバックも可能になっています。
メンバーの方々の、ニュージーランドワインに関するBlogとその都度相互にリンクすることで、ネットワークを活発化させてみたいと思っています。


また、ニュージーランドワイン見つけ隊のサイトを本格的に始めてからいよいよ3年目を迎えるということで、いままでほぼ無収益(若干の広告収益のみ)で運営を行ってきましたが、今後、運営に参加してもらうメンバーを増やし、活動を拡大する為には、運営費を得る必要があると一念発起しました。

いろいろと考えた末に思いついたのは、支援して下さる方々にも何らかの利益がある方法として、各ページ上部の広告スペースを販売することです。


予算に余裕があるかどうかにかかわらず、全てのワイナリー、レストラン、お店の情報を掲載していく為に、今まで通り、他のページへの情報掲載は、すべて無料で行おうと考えています。
そうすれば、小さな小さなニュージーランドのワイナリーの情報も、日本のワイン関連大企業の情報と同じ条件で掲載することが出来ます。

ただ、それを続けて来た為に、運営資金無しで2年間サイト運営をすることとなり、今後末永く活動を続けていく為にも、資金援助のお願いをする必要があると考えました。

そこで思いついたのが、運営資金への見返りの無い寄付をお願いする代わりに、広告スペースを販売するという、今回の方法です。
支払っていただいた代金(1ヶ月千円)に見合うだけの広告効果があるとは保証できませんが、何らかの効果はあると思っています。


サイト運営支援広告詳細はこちら


もっともっと、ニュージーランドの情報を日本へ、日本の情報をニュージーランドへ提供する必要があると思っています。

たまたま忙しい時期に問い合わせメールをいただいて、お返事が出来ないままになっているものもたくさんあります。
とても、とても、心苦しく思うと同時に、大変申し訳なく思っています。

今後、活動メンバーを増やし、ニュージーランドワイン見つけ隊の為に割く時間を優先させることが出来るように、頑張ってみたいと思っています。
なんだかどうしても気になるニュージーランドワインに、賭けてみたいと思っているので、支援広告に興味を持ってもらえそうなワイン関連ビジネスをご存知の方は、こんなことをやっているサイトがあることを、口コミで伝えていっていただければと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する