0. The World of Wine: From Grape to Glassについて

まず最初に、隊長が今回受講することにした無料オンライン講座についてご紹介します。

これ、「隊長、地道にワインの勉強中」にも書きましたが、MOOC(ムーク = Massive Open Online Course)の一つです。

ん?MOOCって?」と、MOOCは初耳という方の為に、ちょこっと解説を。(って、Wikipediaからのコピペだけど。汗;)

Massive Open Online Course (MOOC、ムーク) またはMassive Open Online Courses (MOOCs、ムークス) は、インターネット上で誰もが無料で受講できる大規模な開かれた講義のことである。

Wikipedia : Massive Open Online Courseより


隊長がよく使っているedXでは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学、プリンストン大学、コロンビア大学、ジョージタウン大学、カリフォルニア大学バークレー校他、アメリカのたくさんの大学、そして、カナダやヨーロッパ等の世界で耳にしたことがある大学の講座を無料で受講することが出来ます。
英語でのコースになりますが、東京大学や京都大学も、無料講座を開講しています。

無料で受講できるだけでなく、Verified Certificateの料金を支払うと、正式な証明書を発行してもらうことも出来ます。
無料の場合でも、修了書は発行されます。
但し、どちらの場合も、コースに含まれているアクティビティやテスト、課題等を期間内に終了し、指定された合格ラインの%を取得する必要があります。

って、聞くと難しいような気がしますが、ちゃんと講座の内容を終了すればパス出来る様に、合格ラインは低めに設定してあることが多いです。


コースの内容は、講義のビデオ(ビデオの横に文字でも表示されるので、聞き取りが苦手な人でも、英文を読んで理解することも出来ます)、文章によるテキスト、クイズその他、受講生が内容を理解し易い様に、いろいろと工夫してあります。

自分のペースで勉強できるし、分からないことは、各コースごとに設けられたフォーラム等で、質問することも出来ます。


前置きがと~~~っても長くなりましたが、隊長が今回受講しているのは、

オーストラリアのアデレード大学による
World of Wine: From Grape to Glass

セルフペースで、誰でも受講できます。
今からでも、勿論、申し込めます。

ワインの種類やテイスティングに関する知識や技術だけでなく、なっ、なんと、ワイン造りに関しても学べてしまう講座です。

ワインにも英語にも興味がある方、無料オンライン講座で勉強してみませんか?

テストやアクティビティ等をせず、ビデオを見みて、テキストを読んで、自分で勉強するだけでも大丈夫です。(修了書を取得することが目的ではない場合は、興味のある部分のみ勉強することも可能です。)
ワインに関する資料も、たくさん掲載されていますよっ。


いよいよ、次の投稿からは、隊長が、おぉっと、思わずびっくりしたワインに関する知識や、ほっほぉ~と、思わず納得したワインの味わい方等など、ご紹介していきま~す!